@blog.justoneplanet.info

日々勉強

macにLAMP環境を構築する

自分用のメモ。

■Apache

vim /private/etc/apache2/httpd.conf

以下の部分を変更して

#LoadModule php5_module libexec/apache2/libphp5.so

以下のようにする。

LoadModule php5_module libexec/apache2/libphp5.so

以下のコマンドを実行し、vhosts用のファイルを作る。

cp /private/etc/apache2/extra/httpd-vhosts.conf /private/etc/apache2/other/httpd-vhosts.conf
vim /private/etc/apache2/other/httpd-vhosts.conf

ログファイルの場所などを間違えるとエラーが出て上手くいかないので注意する。

エラー

以下のコマンドでログを確認すれば大体原因が分かる。

vim /var/log/apache2/error_log

■PHP

以下のコマンドでpearをインストールする。

sudo php /usr/lib/php/install-pear-nozlib.phar

■MySQL

以下のコマンドでインストールする。

brew install mysql
unset TMPDIR
mysql_install_db --verbose --user=`whoami` --basedir="$(brew --prefix mysql)" --datadir=/usr/local/var/mysql --tmpdir=/tmp
mysql.server start
/usr/local/Cellar/mysql/5.5.20/bin/mysql_secure_installation

Homebrewのインストール

/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.github.com/gist/323731)"

my.cnf

ls $(brew --prefix mysql)/support-files/my-*
sudo cp $(brew --prefix mysql)/support-files/my-small.cnf /etc/my.cnf
vim /etc/my.cnf

参考

macにwgetを入れる

gccがないとconfigureが通らないのでxcodeを入れてからになる。

■ダウンロード

ここから最新版をダウンロードする。

■インストール

su
./configure
make
make install

curlでも良い気がしてきた。

MacのXAMPPにXdebugを入れる

UNIXベースなので以下のコマンドでインストールしてみる。

/Applications/XAMPP/xamppfiles/bin/pear upgrade pear channel-update pear.php.net
/Applications/XAMPP/xamppfiles/bin/pear upgrade pear upgrade PEAR
/Applications/XAMPP/xamppfiles/bin/pecl install xdebug

コンパイルで大量のエラーが出て上手くいかないはずだ。

■解決策

Komodo Remote Debugging Package Downloadsで、「Downloads > PHP Remote Debugging Client > Mac OS X (universal)」をクリックしてダウンロードし、PHPのバージョンに合ったファイルを以下のコマンドでコピーする。

cp /Users/[user]/Downloads/Komodo-PHPRemoteDebugging-6.1.0-60797-macosx/5.x/xdebug.so /Applications/XAMPP/xamppfiles/lib/php/php-5.x.x/extensions/no-debug-non-zts-20xxxxxx/xdebug.so

設定ファイル

以下のコマンドを実行する。

vi /Applications/XAMPP/xamppfiles/etc/php.ini

次に、以下の一行を加える。

[xdebug]
zend_extension ="/Application/XAMPP/xamppfiles/lib/php/php-5.x.x/extensions/no-debug-non-zts-20xxxxxx/xdebug.so"
xdebug.remote_enable = 1
xdebug.remote_host = 127.0.0.1
xdebug.remote_port = 9000
xdebug.remote_handler = dbgp
xdebug.profiler_enable = 1
xdebug.profiler_output_dir = "/Applications/XAMPP/xamppfiles/htdocs/_xdebug_profiler"
xdebug.profiler_output_name = cachegrind.out.%s
基本設定

ついでにマルチバイト系の設定をし忘れてたのでやっておく。

mbstring.language = Japanese
mbstring.internal_encoding = UTF-8
mbstring.http_output = UTF-8
expose_php = Off

500個めの記事でしたーσ°▽°)σ

iPhoneでHello Worldする

Xcodeをつかうよ((o(^-^)o))ワクワク

■初期設定

「起動 > 新規Xcodeプロジェクトを作成 > iOS > Application > Window-based Application」を選択する。

この時、iPhone、iPad、Universal(両方)が選択できる。また、テンプレートについては以下のようになっている。

最後に、プロジェクトの名前を入力して保存を押す。

■コード

HelloWorld/Classes/HelloWorldAppDelegate.h

#import <UIKit/UIKit.h>

@interface HelloWorldAppDelegate : NSObject <UIApplicationDelegate> {
    UIWindow *_window;
}
@property (nonatomic, retain) IBOutlet UIWindow *window;
@end

HelloWorld/Classes/HelloWorldAppDelegate.m

#import "HelloWorldAppDelegate.h"
#import "HelloWorld.h"

@implementation HelloWorldAppDelegate
@synthesize window = _window;
#pragma mark -
#pragma mark Application lifecycle
- (BOOL)application:(UIApplication *)application didFinishLaunchingWithOptions:(NSDictionary *)launchOptions {    
    // Override point for customization after application launch.
    UIView *view = [[HelloWorld alloc] initWithFrame:CGRectMake(0, 20, 320, 460)];
    [_window addSubview:view];
    [view release];
    [_window makeKeyAndVisible];
    return YES;
}
- (void)applicationWillResignActive:(UIApplication *)application {
}
- (void)applicationDidEnterBackground:(UIApplication *)application {
}
- (void)applicationWillEnterForeground:(UIApplication *)application {
}
- (void)applicationDidBecomeActive:(UIApplication *)application {
}
- (void)applicationWillTerminate:(UIApplication *)application {
}
#pragma mark -
#pragma mark Memory management
- (void)applicationDidReceiveMemoryWarning:(UIApplication *)application {
}
- (void)dealloc {
    [_window release];
    [super dealloc];
}
@end

HelloWorld/HelloWorld.h

#import <UIKit/UIKit.h>

@interface HelloWorld : UIView {
}
@end

HelloWorld/HelloWorld.m

#import "HelloWorld.h"

@implementation HelloWorld
-(id)initWithFrame:(CGRect)frame {
	if(self=[super initWithFrame:frame]){
		self.backgroundColor=[UIColor whiteColor];
	}
	return self;
}
-(void)dealloc{
	[super dealloc];
}
-(void)drawRect:(CGRect)rect{
	UIFont *font = [UIFont systemFontOfSize:30];
	[@"Hello World" drawAtPoint:CGPointMake(0, 0) withFont:font];
}
@end

■エミュレータ

ビルドと実行をクリックする。

iPhoneアプリの開発環境を構築する

■開発者登録

Apple Developerに登録する。天下のappleだけあって入力項目が多い。

■iOS SDK

iOS Dev Centerから、Xcode 3.2.5 and iOS SDK 4.2(3.5GB以上)をダウンロードする。完了したらインストールする。

■インストール

初期状態のままOKを押して進めば良い。androidの開発環境をセットアップするよりもシンプルっちゃシンプル。

macでandroidの開発環境を構築する

■SDK

androidの開発者サイトからSDKをダウンロードしてくる。展開し以下のコマンドを実行する。

mv /Users/<user>/Downloads/android-sdk-mac_x86 /Users/<user>/

以下のコマンドを実行する。

/Users/<user>/android-sdk-mac_x86/tools/android update sdk

後は大体OKを押せばOK!

■eclipse

「ヘルプ > 新規ソフトウェアのインストール」で「作業対象」欄に以下のURLを入力する。

https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/

インストールしeclipseを再起動したら、「eclipse > 環境設定 > android」で「SDKロケーション」に「/Users//android-sdk-mac_x86」と入力する。

後はお好みの設定にするだけ!(windowsでの開発環境構築