@blog.justoneplanet.info

日々勉強

ZipInputStreamから文字列を取り出す

メモ。

■ZipInputStream

Zipはzip化されたデータとヘッダー情報から成る。

public static String readZIPStream(InputStream inputStream) throws IOException {
    String str = "";
    String readed;
    ZipInputStream zis = new ZipInputStream(inputStream);
    InputStreamReader inputStreamReader = new InputStreamReader(zis);
    BufferedReader bufferReader = new BufferedReader(inputStreamReader);
    while (zis.getNextEntry() != null) {
        while ((readed = bufferReader.readLine()) != null) {
            str += readed + "\n";
        }
        zis.closeEntry();
    }
    bufferReader.close();
    inputStreamReader.close();
    zis.close();
    return str;
}

■GZIPInputStream

GZipはzip化されたデータ本体で、GZipの場合は勝手が違う。

public static String readGZIPStream(InputStream inputStream) throws IOException {
    String str = "";
    GZIPInputStream gzis = new GZIPInputStream(inputStream);
    InputStreamReader inputStreamReader = new InputStreamReader(gzis);
    BufferedReader bufferReader = new BufferedReader(inputStreamReader);
    String readed;
    while ((readed = bufferReader.readLine()) != null) {
        str += readed;
    }
    bufferReader.close();
    inputStreamReader.close();
    gzis.close();
    return str;
}

BufferedReaderをインスタンス化するときにサイズを指定しない場合は8192となる。

apkからソースを読んでみる

Proguardを使ったアプリのapkを逆コンパイルしてソースを読んでみる。

unzip Hello.apk
wget https://dex2jar.googlecode.com/files/dex2jar-0.0.9.15.zip
unzip dex2jar-0.0.9.15.zip

classes.dexをjarに変換する。

./dex2jar.sh ~/Hello/classes.dex

面倒なのでJava Decompilerのツールでjarをそのまま開く。

■比較

定数は以下のように展開されて削除されている。

private static final int HELLO_ID = 1;
// nothing

staticでなければ残るが変数名は変えられる。

public final int HELLO_CODE = 1;
public final int rk = 1;

ギャラリーから取得したuriをパス表記にする以下のメソッドは

  protected String convertMediaUriToPath(Uri uri) {
    String [] proj = {MediaStore.Images.Media.DATA};
    Cursor cursor = getContentResolver().query(uri, proj, null, null, null);
    if (cursor != null) {// prevent from NullPointerException of the stack trace
      int index = cursor.getColumnIndexOrThrow(MediaStore.Images.Media.DATA);
      cursor.moveToFirst();
      String path = cursor.getString(index); 
      cursor.close();
      return path;
    }
    return null;
  }

以下のようにメソッド名が簡潔になり、変数名も簡略化される。Proguardを使わなくても定数は展開される。

protected String a(Uri paramUri)
  {
    String[] arrayOfString = { "_data" };
    Cursor localCursor = getContentResolver().query(paramUri, arrayOfString, null, null, null);
    String str = null;
    if (localCursor != null)
    {
      int i = localCursor.getColumnIndexOrThrow("_data");
      localCursor.moveToFirst();
      str = localCursor.getString(i);
      localCursor.close();
    }
    return str;
  }

以下のようにActivityのクラス名は変わらない。

public class HelloActivity extends Activity {
  @Override
  protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
public class HelloActivity extends Activity {
  protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {

これはProguardの設定に以下のような記述があるからである。

vim ~/android-sdk-mac_x86/tools/proguard/proguard-android.txt
# We want to keep methods in Activity that could be used in the XML attribute onClick
-keepclassmembers class * extends android.app.Activity {
   public void *(android.view.View);
}

その他にもproguard-android.txtには、manifestファイルに記述するクラスはクラス名が変更されないような記述が書いてある。

Mozcの記号辞書に全角チルダを追加する

全角波ダッシュが一部の環境で文字化けするために全角チルダも使えるようにする。

// JavaScript
unescape('%uff5e');// 全角チルダ:~
unescape('%u301c');// 波ダッシュ:〜

以下のファイルを開き

vim data/symbol/symbol.tsv

波ダッシュについては以下のようになっているので

記号    〜  にょろ なみ から ー - ~ きごう より 波ダッシュ      GENERAL

以下のように追記すればよい。

記号    ~  にょろ ちるだ から ー - ~ きごう より   全角チルダ      GENERAL

macでは見栄えに全く差が無いので、一応vimで検索して確かめておく。

:/\%u301c
:/\%uff5e

ちなみにこのtsvの形式は以下のようになっている。

POS CHAR    Reading (space separated)   description additional description  category    memo    unicode

Mozc for Androidのテストを読んでみる

EasyMockを使っている部分があるのでそこに関する自分用のメモ

public class MozcViewTest extends InstrumentationTestCaseWithMock

以下のようにしてモックを作る。

@SmallTest
public void testStartAnimation() {
    MozcView mozcView = createViewMockBuilder(MozcView.class)
        .addMockedMethods("getCandidateView", "getSymbolInputView", "expandDropShadowAndBackground", "collapseDropShadowAndBackground")
        .createMock();
    CandidateView candidateView = createViewMockBuilder(CandidateView.class)
        .addMockedMethods("getVisibility")
        .addMockedMethod("setVisibility", int.class)
        .createMock();
    SymbolInputView symbolInputView = createViewMockBuilder(SymbolInputView.class)
        .addMockedMethods("getVisibility")
        .addMockedMethod("setVisibility", int.class)
        .createMock();

以下のようにテストする。

    {
      resetAll();// 今までのexpectで登録されたものをリセット

      expect(mozcView.getCandidateView()).andReturn(candidateView);
      // (a)を実行した時、モックmozcViewのgetCandidateViewが呼ばれ返り値がcandidateViewでとなる事を想定

      candidateView.setVisibility(View.GONE);
      expect(mozcView.getSymbolInputView()).andReturn(symbolInputView);
      // (a)を実行した時、モックmozcViewのgetSymbolInputViewが呼ばれ返り値がsymbolInputViewでとなる事を想定

      expect(symbolInputView.getVisibility()).andReturn(View.VISIBLE);
      // (a)を実行した時、モックsymbolInputViewのgetVisibilityが呼ばれ返り値がView.VISIBLEでとなる事を想定

      replayAll();// 登録したモックをリプレイモードにする
      mozcView.startCandidateViewOut();// (a)…startCandidateViewOutを実行する
      verifyAll();// 登録したモックを全て検証する(想定通りになったかどうか検証)
    }

startCandidateViewOutは以下のようになっているとする。

  void startCandidateViewOut() {
    getCandidateView().setVisibility(View.GONE);
    if (getSymbolInputView().getVisibility() != VISIBLE && isDropShadowExpanded) {
      collapseDropShadowAndBackground();
    }
  }

この時にstartCandidateViewOutで、expectしていないメソッドが呼ばれたり、定義した回数以上呼ばれたりなどするとテストが失敗する。

参考

Intent.ACTION_PICKで返ってきたIntentからBitmapを取り出す

以下のように画像選択画面を起動したとする。

    Intent intent = new Intent();
    intent.setAction(Intent.ACTION_PICK);
    intent.setType("image/*");
    startActivityForResult(intent, GALLERY_REQUEST_CODE);

以下のようにしてbitmapを取り出せる。

Bitmap bitmap = MediaStore.Images.Media.getBitmap(getContentResolver(), data.getData());

ちなみにbitmapをファイルに書き出すには以下のようにする。

    ByteArrayOutputStream outputStream = new ByteArrayOutputStream();
    bitmap.compress(format, 90, outputStream);
    FileOutputStream stream = new FileOutputStream(path);
    stream.write(outputStream.toByteArray());
    stream.flush();
    stream.close();
    outputStream.close();

mozcで「かお」の変換時に顔文字が表示されないようにする

現状、かおの変換候補表示にタイムラグがある。

rewriter/emoticon_rewriter.cc

bool RewriteCandidate(Segments *segments)

以下の部分を削除する。

      // "かお"
    } else if (key == "\xE3\x81\x8B\xE3\x81\x8A") {
      // When key is "かお", expand all candidates in conservative way.
      const EmbeddedDictionary::Token *token
          = Singleton<EmoticonDictionary>::get()->GetDictionary()->AllToken();
      CHECK(token);
      // first 6 candidates are inserted at 4 th position.
      // Other candidates are pushed to the buttom.
      value = token->value;
      value_size = token->value_size;
      initial_insert_pos = 4;
      initial_insert_size = 6;

rewriter/emoticon_rewriter_test.ccに2箇所ほど「かお」の変換をテストしている箇所があるので削除する。

mozc for Androidにトグルが一定時間で確定される機能を追加する

mozc本体のコメントに将来的にそういった機能をつけるような事が書かれていて、その時コンフリクトする事が予想される。

■クライアント側

以下のように定義し、ViewManager.javaでタイマーでコマンドが実行されるようにする。

ViewManager.java

  private final int keycodeKaomojiToggleCommit;
    keycodeKaomojiToggleCommit = res.getInteger(R.integer.key_kaomoji_toggle_commit);

とりあえず定義だけ上述のようにする。タイマー部分はよきに計らってやる。

KeycodeConverter.java

  public static final ProtoCommands.KeyEvent KAOMOJI_TOGGLE_COMMIT =
      ProtoCommands.KeyEvent.newBuilder().setSpecialKey(SpecialKey.KAOMOJI_TOGGLE_COMMIT).build();

keycode.xml

  <integer name="key_kaomoji_toggle_commit">-10025</integer>

ProtoCommands.java

サーバー側をビルドすると生成される。

■サーバー側

composer/composer.cc

実装しようとしている機能はカーソルを右に動かす動作と非常に似ている。そしてカーソルを動かす処理はこのファイルの以下のメソッドである。

void Composer::MoveCursorRight() {
  if (position_ < composition_->GetLength()) {
    ++position_;
  }
  UpdateInputMode();

  typing_corrector_.Invalidate();
}

そこでpositionを移動させない関数を追加する。引き数で条件分岐してもいいのだが右に移動させる機能とトグルをコミットさせる機能は本質的に別物であるので別にする。コンフリクトすると面倒なだけでもある。

void Composer::KaomojiToggleCommit() {
  UpdateInputMode();
  typing_corrector_.Invalidate();
}

composer/composer.h

  void KaomojiToggleCommit();

次に上述を呼び出す処理を実装する。

session/session.h

  bool KaomojiToggleCommit(mozc::commands::Command *command);

session/session.cc

bool Session::KaomojiToggleCommit(commands::Command *command) {
  if (context_->GetRequest().crossing_edge_behavior() == commands::Request::COMMIT_WITHOUT_CONSUMING && context_->composer().GetLength() == context_->composer().GetCursor()) {
    Commit(command);

    // Do not consume.
    command->mutable_output()->set_consumed(false);
    return true;
  }

  command->mutable_output()->set_consumed(true);
  if (CommitIfPassword(command)) {
    return true;
  }
  context_->mutable_composer()->KaomojiToggleCommit();
  if (Suggest(command->input())) {
    Output(command);
    return true;
  }
  OutputComposition(command);
  return true;
}

コピペで申し訳ない限りである。このメソッドは同ファイルの以下の部分から呼び出される。

    case keymap::CompositionState::MOVE_CURSOR_RIGHT:
      return MoveCursorRight(command);

    case keymap::CompositionState::KAOMOJI_TOGGLE_COMMIT:
      return KaomojiToggleCommit(command);

    case keymap::CompositionState::MOVE_CURSOR_TO_BEGINNING:
      return MoveCursorToBeginning(command);

定義したメソッドがクライアントからのコマンドで呼び出されるようにする。

■CompositionState

以下のようにCompositionStateで実行されるコマンドの定義と登録をする。

session/internal/keymap_interface.h

  MOVE_CURSOR_RIGHT,
  KAOMOJI_TOGGLE_COMMIT,
  MOVE_CURSOR_TO_BEGINNING,

session/internal/keymap.cc

以下のようにして、コマンド名KaomojiToggleCommitで、CompositionState::KAOMOJI_TOGGLE_COMMITが実行されるようになる。

RegisterCompositionCommand("KaomojiToggleCommit", CompositionState::KAOMOJI_TOGGLE_COMMIT);

data/keymap/mobile.tsv

以下のようにして、KaomojiToggleCommitキーでKaomojiToggleCommitコマンドが実行される。

Composition	Right	MoveCursorRight
Composition	KaomojiToggleCommit	KaomojiToggleCommit
Composition	Space	Convert

一番左の列はstatusなのだがIME全体で入力の状態というものが存在するという事を理解しておく必要がある。

■Specialキーの追加とKeyEvent

強引ではあるがトグルをコミットさせる(実際には視認できない)KaomojiToggleCommitキーを追加する。

session/commands.proto

下のように記述して定義する。ビルドした時にKAOMOJI_TOGGLE_COMMITが追加されたProtoCommands.javaが生成され、クライアント側からSpecialKeyのKAOMOJI_TOGGLE_COMMITを叩ける。

COMMA = 70;  // Numpad [,]
KAOMOJI_TOGGLE_COMMIT = 71;
NUM_SPECIALKEYS = 72;

data/usage_stats/stats.def

追加したSpecialKeyなどがusage stats用のリストに存在せず、Debugビルドするとトグルがコミットされた時に落ちるので、以下のように追加する。

Performed_Composition_KaomojiToggleCommit
# Virtual Key for software keyboard
KAOMOJI_TOGGLE_COMMIT

この定義により、今回のキーとコマンドがusage_stats_list.hに追加される。

commands.protoから、commands.pb.hとcommands.pb.ccが生成されるが、キー操作がフックされるために以下の2ファイルの書き換えが必要となる。

session/random_keyevents_generator.cc

commands.pb.hがincludeされ以下のようにkSpecialKeysの配列ができる。

  commands::KeyEvent::RIGHT,
  commands::KeyEvent::KAOMOJI_TOGGLE_COMMIT,
  commands::KeyEvent::UP,

session/key_parser.cc

    keycode_map_["right"] = KeyEvent::RIGHT;
    keycode_map_["kaomojitogglecommit"] = KeyEvent::KAOMOJI_TOGGLE_COMMIT;
    keycode_map_["enter"] = KeyEvent::ENTER;

SessionCommandの追加

都合によりSpecialKeyを追加したが本来ならばSessionCommandの追加で特に問題はない。

data/usage_stats/stats.def
SendCommand_KaomojiToggleCommit
session/commands.proto

以下のようにしてSessionCommandを追加できる。

    KAOMOJI_TOGGLE_COMMIT = 24;

    // Number of commands.
    // When new command is added, the command should use below number
    // and NUM_OF_COMMANDS should be incremented.
    NUM_OF_COMMANDS = 25;
session/session.cc

以下のようにしてSessionCommandをフックする。

    case commands::SessionCommand::KAOMOJI_TOGGLE_COMMIT:
      result = KaomojiToggleCommit(command);
      break;  

上述のようにするとSessionExecutorから以下のように呼び出せる。

  public void toggleCommit(int candidateId, EvaluationCallback callback) {
    Input.Builder inputBuilder = Input.newBuilder()
        .setType(CommandType.SEND_COMMAND)
        .setCommand(SessionCommand.newBuilder()
            .setType(SessionCommand.CommandType.KAOMOJI_TOGGLE_COMMIT)
            .setId(candidateId));
    evaluateAsynchronously(inputBuilder, null, callback);
  }

■ダウンロード

みんなの顔文字キーボード

Androidでキーボードの設定画面に遷移させる

設定画面から遷移できるキーボードを有効化する画面に遷移する。

Intent intent = new Intent();
intent.setAction(Settings.ACTION_INPUT_METHOD_SETTINGS);
startActivity(intent);

入力に使用するキーボードを選択するダイアログを表示する。

InputMethodManager inputMethodManager = (InputMethodManager)getSystemService(INPUT_METHOD_SERVICE);
inputMethodManager.showInputMethodPicker();

任意のパッケージ名のInputMethodが有効化されているか判定する。

private boolean isEnabled(Context context) {
    InputMethodManager inputMethodManager = InputMethodManager.class.cast(
            context.getSystemService(Context.INPUT_METHOD_SERVICE)
    );
    if (inputMethodManager == null) {
        Log.i("InputMethodManager", "not found.");
        return false;
    }
    String packageName = context.getPackageName();
    // 有効なInputMethod一覧に任意のパッケージ名が含まれているか確認する
    for (InputMethodInfo inputMethodInfo : inputMethodManager.getEnabledInputMethodList()) {
        if (inputMethodInfo.getServiceName().startsWith(packageName)) {
            return true;
        }
    }
    return false;
}

任意のパッケージ名のInputMethodが入力方法として選択されているかどうか判定する。

private boolean isDefault(Context context) {
    InputMethodInfo info = null;
    InputMethodManager inputMethodManager = InputMethodManager.class.cast(
            context.getSystemService(Context.INPUT_METHOD_SERVICE)
    );
    if (inputMethodManager == null) {
        Log.i("InputMethodManager", "not found.");
        return false;
    }
    String packageName = context.getPackageName();
    // InputMethod一覧に任意のパッケージ名が含まれているか確認する
    for (InputMethodInfo inputMethodInfo : inputMethodManager.getInputMethodList()) {
        if (inputMethodInfo.getPackageName().equals(packageName)) {
            info = inputMethodInfo;
        }
    }
    if (info == null) {
        Log.i("InputMethodInfo", "not found.");
        return false;
    }

    // infoのidと現在有効になってるIMEのidを比較する
    String currentIme = android.provider.Settings.Secure.getString(
        context.getContentResolver(),
        android.provider.Settings.Secure.DEFAULT_INPUT_METHOD
    );
    return info.getId().equals(currentIme);
}

Kindle Fire HDでcanvas.drawPictureするとUnsupportedOperationExceptionでクラッシュする

以下の部分でUnsupportedOperationExceptionが発生しクラッシュする。

canvas.drawPicture(picture);

drawPicture()はハードウェアアクセラレーションに対応していないらしいので以下のように修正した。

if (Build.VERSION.SDK_INT >= Build.VERSION_CODES.HONEYCOMB && canvas.isHardwareAccelerated()) {
  picture.draw(canvas);
}
else {
  canvas.drawPicture(picture);
}

追記

ImageViewなどのViewの描画でdrawableのdrawの中で以下の処理がされるとkindleでは描画できない。

picture.draw(canvas);

以下のようにハードウェアアクセラレーションが有効になっているViewでソフトウェアレンダリングするように指定した。

if (Build.VERSION.SDK_INT >= Build.VERSION_CODES.HONEYCOMB) {// for kindle
  imageView.setLayerType(View.LAYER_TYPE_SOFTWARE, null);
}

以下のようにPictureDrawableをBitmapに変換してViewにセットしても上手く表示できる。

  canvas.drawBitmap(pictureDrawable2Bitmap(picture), new Matrix(), new Paint());
private static Bitmap pictureDrawable2Bitmap(Picture picture){
  PictureDrawable pictureDrawable = new PictureDrawable(picture);
  Bitmap bitmap = Bitmap.createBitmap(pictureDrawable.getIntrinsicWidth(),pictureDrawable.getIntrinsicHeight(), Config.ARGB_8888);
  Canvas canvas = new Canvas(bitmap);
  canvas.drawPicture(pictureDrawable.getPicture());
  return bitmap;
}

今回はdrawが頻繁にコールされるのでこの手法は取らなかった。

Fused Location Providerを試してみる

ライブラリのコピー。

cp ~/android-sdk-mac_x86/extras/google/google_play_services/libproject/google-play-services_lib/libs/* ./lib/

パーミッションの付加。

<uses-permission android:name="android.permission.ACCESS_FINE_LOCATION" />

コード。

@Override
protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
    super.onCreate(savedInstanceState);
    setContentView(R.layout.activity_main);
    
    mLocationClient = new LocationClient(getApplicationContext(), this, this);
    mLocationClient.connect();
}
@Override
protected void onDestroy() {
    mLocationClient.disconnect();
    super.onDestroy();
}

@Override
public boolean onCreateOptionsMenu(Menu menu) {
    getMenuInflater().inflate(R.menu.main, menu);
    return true;
}

@Override
public void onConnectionFailed(ConnectionResult result) {
}
@Override
public void onConnected(Bundle bundle) {
    Location location = mLocationClient.getLastLocation();
    android.util.Log.e("latitude", "" + location.getLatitude());
    android.util.Log.e("longitude", "" + location.getLongitude());
}
@Override
public void onDisconnected() {
}

参考