@blog.justoneplanet.info

日々勉強

CentOSにjenkinsをインストールする

以下のコマンドでインストールできる。

yum install java-1.6.0-openjdk
wget -O /etc/yum.repos.d/jenkins.repo http://pkg.jenkins-ci.org/redhat/jenkins.repo
rpm --import http://pkg.jenkins-ci.org/redhat/jenkins-ci.org.key
yum install jenkins

デフォルトのJENKINS_HOMEは以下のようになる。

/var/lib/jenkins

■ポート変更

以下のコマンドで設定ファイルを編集する。

vim /etc/sysconfig/jenkins

デフォルトでは8080番を使用しているので以下のように変更する。

JENKINS_PORT="1234"

■起動

/sbin/service jenkins start

以下のアドレスでアクセスできる。

http://localhost:8080/

■セキュリティ

以下のURLにアクセスする。

http://localhost:8080/configure

デフォルトではすべてのユーザが閲覧可能でありジョブを追加することができるので、「セキュリティを有効化」の項目にチェックを入れる。

特定のユーザのみが操作可能にする

Jenkinsのユーザーデータベース

Jenkinsのユーザーデータベースを選択し、ユーザーにサインアップを許可を外して一度保存する。

権限管理

行列による権限設定を選択し、上述で追加したユーザ名に対して全権限を与える。また、匿名ユーザには必要な権限だけ付加する。

Unixユーザを使用した管理の方が便利かもしれない。

■E-mail通知

以下のURLにアクセスする。

http://localhost:8080/configure

SMTP認証にチェックを入れ以下のように入力する。

SMTPサーバー
mail.example.com
E-mailのサフィックス
@example.com
送信元メールアドレス
john@sample.com
ユーザ名
mike
パスワード
mike’s_pasword
SMTPポート
587

メールを送信して設定を確認にチェックを入れて実際にメールが送信できるか確認する。

■JDKのインストール

以下のURLにアクセスする。

http://localhost:8080/configure

JDKの項目があるので入力して保存する。oracleアカウントが面倒。

■Git連携

以下の画面にアクセスする。

http://localhost:8080/pluginManager/available

Git Pluginを選択し「ダウンロード後に再起動しインストール」を選択する。

gitの設定

http://localhost:8080/job/SampleProject/configure

android

以下にアクセスしてAndroid Emulator Pluginをインストールする。

http://localhost:8080/pluginManager/available

コメントはまだありません»

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.TrackBack URL

Leave a comment