@blog.justoneplanet.info

日々勉強

iOSアプリケーションを開発しているマシンを変える

毎回はまるので書いておく。

■キーチェーンアクセス

「アプリケーション > ユーティリティ > キーチェーンアクセス > 証明書アシスタント > 認証局」で証明書を要求する。入力内容は以下のとおり。

  • メールアドレス
  • 通称

「ディスクに保存をする」を選択しデスクトップに保存する。

■Provisioning Portal

Provisioning Portal > Certificates」を選択し、フォームから保存した証明書をアップロードする。

  1. Distribution Provisioning Profilesを作りなおす
  2. 作りなおしたProvisioning Profilesをダウンロードしダブルクリックでインストールする
  3. XCodeの「Build Setting > Code Signing > Release」で新しいProvisioning Profileを選択する

Wildcard Appとプロビジョニングプロファイル(おまけ)

Provisioning Portal >
App IDs > create
」で以下のように入力するとwild card appが作れる。

description Wildcard App
Bundle Identifier *

Provisioning Portal > Provisioning > Development > NEW Profile」で以下のように入力する。

Profile Name Team Provisioning Profile
App ID Wildcard App

上述により全てのアプリの開発で有効なprovisioning profileが作成できるので、1アプリごとに作る手間が省ける。

androidアプリは(パスワードと)keystoreがあればマシンを変えてもそのまま開発できる。iOSアプリは開発マシンの認証(のようなものが)ある。iPhoneは手間がかかるが管理画面に入れれば新しいマシンで開発を進められる。androidはkeystoreが無くなるとアプリの更新ができなくなる。

コメントはまだありません»

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.TrackBack URL

Leave a comment