@blog.justoneplanet.info

日々勉強

Socket.IOをインストールする

■node.js

以前の記事にも書いたんだけど以下のようにしてインストールできる。

su
yum install openssl-devel gcc-c++ git make
git clone git://github.com/creationix/nvm.git ~/.nvm
source ~/.nvm/nvm.sh
echo "~/.nvm/nvm.sh" >> ~/.bash_profile
echo "nvm use v0.5.0" >> ~/.bash_profile
nvm sync
nvm install v0.5.0
npm install node-base64

でも使い勝手に慣れなくて結局ソースからビルドしてしまったり。

■Socket.IO

以下のコマンドでインストールできる。

npm install socket.io

まぁ、一瞬で終わる。

使ってみる

サーバ側
var io = require('socket.io').listen(80);
io.sockets.on(
    'connection',// 接続された時
    function(socket){// 引数に接続(socket)をセットしてコールバックが実行される
        socket.on(
            'disconnect',
            function () {
                io.sockets.emit('message', 'hogehoge');// 全員にpushされる
            }
        );
    }
);

socketのbroadcastメソッドは接続している以外の全てのクライアントに対してpushされる。

クライアント側

サーバを起動させるとクライアント側で読み込むべきscriptが特定の位置に展開される。楽といえば楽。

<script type="text/javascript" src="http://127.0.0.1:80/socket.io/socket.io.js"></script>
<script type="text/javascript">
var socket = io.connect('http://127.0.0.1:80');
socket.on(
    'message',
    function (data) {
        console.log(data);
    }
);
</script>

コメントはまだありません»

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.TrackBack URL

Leave a comment