@blog.justoneplanet.info

日々勉強

CakePHPとMySQLのON UPDATE CURRENT_TIMESTAMPを使う

CakePHPにおいてON UPDATE CURRENT_TIMESTAMPを使用すると、文字列としてCURRENT_TIMESTAMPを格納しようとするので、MySQL側でTIMESTAMPとして処理できない。以下のようにすることで対処できる。

■CURRENT_TIMESTAMP

modifiedというカラム名をつければCakeが自動的に更新日時をセットするので必ずしもON UPDATE CURRENT_TIMESTAMPをセットする必要はない。

■saveメソッド

CakePHP 2系からどうも挙動が変わったようで、1.3系の手法では上手くいかなくなった。以下のように、アップデートして欲しくないカラムにfalseを指定することで対応できる。

$data['modified'] = false;

CakePHP 1.3系

付けたい場合、saveメソッドで保存するカラムを指定することで対処できる。

$this->User->save($this->data, true, array('name', 'birthday'));

上述のようにすることで$this->dataにあらゆるキーとそれに紐付く値が格納されていても、保存されるのはnameカラムとbirthdayカラムのみである。これはアプリケーションをセキュアにする目的でも使用できるので、常時使用することをお勧めする。

コメントはまだありません»

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.TrackBack URL

Leave a comment