@blog.justoneplanet.info

日々勉強

androidでアプリ内課金を使う

■必要なもの

  • Android Marketの開発者アカウント
  • Google checkoutの財務情報登録

■サンプルアプリのダウンロード

以下のような手順で行う。

  1. AVD Managerを起動
  2. Avalilable packages
  3. Third party Add-ons
  4. Google Inc.
  5. Google Market Billing package, revision 1をチェック

[sdkdir]/extras/google/market_billingに保存される。

■公開鍵の追記

  • プロフィールの編集でライセンスとアプリ内課金の公開鍵をコピーする
  • src/com/example/dungeons/Security.javaにペーストする
String base64EncodedPublicKey = "your public key here";

■プロジェクトのインポート

プロジェクトで右クリックし新規プロジェクトを選択し、androidのプロジェクトを新たに作る。

※但し、既存のソースから新規作成するようにしてください。

■パッケージ名の変更

com.exampleというパッケージ名は使用できないのでパッケージ名を変更する。

  1. パッケージ・エクスプローラのウィンドウでパッケージを選択する
  2. eclipseメニューのリファクタリングから名前変更する
  3. Manifestのパッケージ名が変わらないようなのでファイルを開いて修正する

手動でパッケージ名の変更をおこなう場合

以下の項目を変更する。

  • ディレクトリ名
  • マニフェストファイル
  • package
  • import

■デバッグ

以下の部分を

public static final boolean DEBUG = false;

以下のように変更する。

public static final boolean DEBUG = true;

■マーケットへの登録

通常のアプリと同様に署名してマーケットにアップする必要がある。

但し、公開せずに下書きのまま保存する。

■アイテムの登録

ダッシュボードのアプリケーションのタイトルの下の「アプリ内サービス」からアイテムを登録する。

サンプルアプリのアプリ内サービス IDはそれぞれ「sword_001」と「potion_001」で公開する必要がある。

■実機でテスト

署名されているアプリケーションからリクエストをする必要があるので、以下のコマンドをクライアントで実行しアップロードしたapkファイルを直接端末にインストールする。

./adb install Dungeous.apk

※USBから直接インストールすると、RESULT_DEVELOPER_ERRORというエラーが返ってきて正しくテストできない。

参考

コメントはまだありません»

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.TrackBack URL

Leave a comment