@blog.justoneplanet.info

日々勉強

MacのXAMPPにXdebugを入れる

UNIXベースなので以下のコマンドでインストールしてみる。

/Applications/XAMPP/xamppfiles/bin/pear upgrade pear channel-update pear.php.net
/Applications/XAMPP/xamppfiles/bin/pear upgrade pear upgrade PEAR
/Applications/XAMPP/xamppfiles/bin/pecl install xdebug

コンパイルで大量のエラーが出て上手くいかないはずだ。

■解決策

Komodo Remote Debugging Package Downloadsで、「Downloads > PHP Remote Debugging Client > Mac OS X (universal)」をクリックしてダウンロードし、PHPのバージョンに合ったファイルを以下のコマンドでコピーする。

cp /Users/[user]/Downloads/Komodo-PHPRemoteDebugging-6.1.0-60797-macosx/5.x/xdebug.so /Applications/XAMPP/xamppfiles/lib/php/php-5.x.x/extensions/no-debug-non-zts-20xxxxxx/xdebug.so

設定ファイル

以下のコマンドを実行する。

vi /Applications/XAMPP/xamppfiles/etc/php.ini

次に、以下の一行を加える。

[xdebug]
zend_extension ="/Application/XAMPP/xamppfiles/lib/php/php-5.x.x/extensions/no-debug-non-zts-20xxxxxx/xdebug.so"
xdebug.remote_enable = 1
xdebug.remote_host = 127.0.0.1
xdebug.remote_port = 9000
xdebug.remote_handler = dbgp
xdebug.profiler_enable = 1
xdebug.profiler_output_dir = "/Applications/XAMPP/xamppfiles/htdocs/_xdebug_profiler"
xdebug.profiler_output_name = cachegrind.out.%s
基本設定

ついでにマルチバイト系の設定をし忘れてたのでやっておく。

mbstring.language = Japanese
mbstring.internal_encoding = UTF-8
mbstring.http_output = UTF-8
expose_php = Off

500個めの記事でしたーσ°▽°)σ

1件のコメント»

linuxコマンドの履歴についてのまとめ

historyコマンド history いっぱいコマンドの履歴が出てきます。 historyコマンドの履歴に時間を記録 export HISTTIMEFORMAT=’%y/%m/%d %H:%M:%S ’ export HISTSIZE=10000 実行例 id ls cd /var/www/vhosts/ less /etc/php.in…

RSS feed for comments on this post.TrackBack URL

Leave a comment