@blog.justoneplanet.info

日々勉強

Objective-Cの制御構造

まぁ、特に目新しいこともない。

■for

for(int i = 0; i < 10; i++){
    NSLog(@"%d", i * i);
}

書籍を参照すると、ループ変数が外で定義されてるのも見受けられる。

int i;
for(i = 0; i < 10; i++){
    NSLog(@"%d", i * i);
}

■while

int i = 0;
while(i < 100){
    NSLog(@"%d", i);
    i++;
}

breakを使用してループから抜け出すこともできる。

int i = 0;
while (YES) {
    NSLog(@"%d", i);
    i++;
    if(i > 100){
        break;
    }
}

また、continueを使用して処理をスキップすることもできる。

■if

int num = 5;
if(num == 3){
    NSLog(@"3です");
}
else if(num == 5){
    NSLog(@"5です");
}
else{
    NSLog(@"3でも5でもないです");
}

■switch

以下のように乱数を発生させて、switch文で分岐させることも可能だ。

srand(time(0));
int num = abs(arc4random()) % 4;
switch(num){
    case 0:
        NSLog(@"0です");
        break;
    case 1:
        NSLog(@"1です");
        break;
    case 2:
        NSLog(@"2です");
        break;
    case 3:
        NSLog(@"3です");
        break;
    default:
        NSLog(@"いくつだろうね");
        break;
}

乱数の取得以外は眠い。(。´-д-)。o○Zzz

コメントはまだありません»

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.TrackBack URL

Leave a comment