@blog.justoneplanet.info

日々勉強

GHUnitを導入する

■ダウンロード

gabriel / gh-unit

■導入

ターゲットの追加

  1. Project navigatorでProjectを選択し、Add Targetを選択
  2. Window Based ApplicationでProduct NameをTestsとして適当にターゲットを追加

frameworkの追加

Project navigator > Projectを選択 > Target > Testsを選択 > Build Phases > Link Binary With Libraries

ダウンロードしてできたframeworkを追加する。

Info.plist

Test/Supporting Files/Test-Info.plistを選択してMain nib file base nameの属性を削除する。

ファイルの削除

Test配下の以下のファイルを削除する。

  • TestAppDelegate.h
  • TestAppDelegate.m
  • MainWindow.xib
  • Supporting Files以外のディレクトリ

リンク

Project navigator > Projectを選択 > Target > Testsを選択 > Build Setting > Other Linker Flag

以下の記述を加えてください。

  • -ObjC
  • -all_load

Test/main.m

以下の部分を

int retVal = UIApplicationMain(argc, argv, nil, nil);

以下のように変更する。

int retVal = UIApplicationMain(argc, argv, nil, @"GHUnitIOSAppDelegate");

■テストケース

Test配下にテストを配置する。但し、ターゲットはTestsにしてファイルを新しく追加する。

Test/MyTest.m

#import <GHUnitIOS/GHUnit.h>
@interface MyTest : GHTestCase {   
}
@end

@implementation MyTest
- (void)testStrings {
    NSString *string1 = @"a string";
    GHTestLog(@"I can log to the GHUnit test console: %@", string1);
    
    // Assert string1 is not NULL, with no custom error description
    GHAssertNotNULL(string1, nil);
    
    // Assert equal objects, add custom error description
    NSString *string2 = @"a string";
    GHAssertEqualObjects(string1, string2, @"A custom error message. string1 should be equal to: %@.", string2);
    GHAssertEquals(1, 1, @"test");
}

// わざとエラーを出してみる
- (void)testNums {
    GHAssertEquals(1, 2, @"test");
}
@end

コメントはまだありません»

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.TrackBack URL

Leave a comment