@blog.justoneplanet.info

日々勉強

eclipseでJavaScriptの単体テストをする

つまずいた部分があったのでメモっておく。φ(-ω-。`)。

■ダウンロード

eclipse downloadsのJavaScript版をダウンロードした。

■プラグイン

JsTestDriverを使用する。

まず、「ヘルプ > 新規ソフトウェアのインストール > 有効なソフトウェア・サイト」を選択し、フィルタに「http://js-test-driver.googlecode.com/svn/update/」と入力する。

次に、一覧にパッケージが表示されるので、バージョンが新しいものを選択しインストールする。

■使用方法

用意するファイルは3ファイルである。以下のサンプルソースはドキュメントのコードを使用させていただいた。

projectdir/src/Greeter.js

myapp = {};
myapp.Greeter = function(){ };
myapp.Greeter.prototype.greet = function(name){
    return "Hello " + name + "!";
};

projectdir/src/GreeterTest.js

テストコードである。

GreeterTest = TestCase("GreeterTest");

GreeterTest.prototype.testGreet = function(){
    var greeter = new myapp.Greeter();
    assertEquals("Hello World!", greeter.greet("World"));
};

projectdir/jsTestDriver.conf

クラスのディレクトリとテストコードのディレクトリを設定している感じだ。

server: http://localhost:42442

load:
  - src/*.js
  - src-test/*.js

どうやらプロジェクトルートに置く必要があるようだ。また、ファイル内のパスは注意して正しく記述する必要がある、

ビューの表示

「ウィンドウ > ビューの表示 > その他」を選択し、JavaScriptの中からJsTestDriverを選択すると表示される。

設定1

「ウィンドウ > 設定 > Js Test Driver」を選択し、各ブラウザのexeファイルと関連付ける。要はパスを通すって感じだ。

設定2

プロジェクトを選択した状態で、「実行 > 実行の構成」を選択したら、「実行 > Js Test Driver Test > 新規構成」を選択し、以下のように入力する。

project
projectdir
Conf File
jsTestDriver.conf

実行

JsTestDriverビューの「サーバーを始動」のボタンを押し、テストするブラウザのボタンを押す。するとブラウザが立ち上がるので、ビューに戻り「return last configuration」をクリックするとテストが実行される。

コメントはまだありません»

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.TrackBack URL

Leave a comment