@blog.justoneplanet.info

日々勉強

Tokyo Tyrantを使ってみる

仕事で使うかもしれないので一応やってみる。

■インストール

wget http://fallabs.com/tokyocabinet/tokyocabinet-1.4.46.tar.gz
wget http://fallabs.com/tokyotyrant/tokyotyrant-1.1.41.tar.gz
tar xvzf tokyocabinet-1.4.46.tar.gz
tar xvzf tokyotyrant-1.1.41.tar.gz
cd tokyocabinet-1.4.46
./configure
make
make install
cd ../tokyotyrant-1.1.41
./configure

エラー1

tokyo cabinetが先にインストールされていないと以下のエラーがでる。

checking for tcutil.h... no
configure: error: tcutil.h is required
make
make install

ちょっと動かしてみる。

ttserver

■PHPから使う

pecl install tokyo_tyrant-beta
cp /etc/php.d/curl.ini /etc/php.d/tt.ini

元の記述を削除して、以下の記述に書き換える。

extension=tokyo_tyrant.so

■ベンチマーク

以下のコードを使用して簡単にベンチマークしてみた。

$start = microtime(true);
$tt    = new TokyoTyrant("localhost");
for($i = 0; $i < 10000; $i++){
    $tt->put("k{$i}", "abcdefghijglmnopqrstuvwxyz");
}
$end = microtime(true);
print($end - $start);//0.65114498138428

ベンチマークをしておいて言うのもオカシイが、データストアにおいて全く同じ条件というものは再現できないので単純に比較してはならない。用途に応じた選択が必要である。

コメントはまだありません»

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.TrackBack URL

Leave a comment