@blog.justoneplanet.info

日々勉強

CentOSにおけるパッケージインストールまとめ

■ソースからインストール

ソースパッケージをダウンロードしてコンパイル・ビルド。(gcc・・・)

【メリット】

  • 環境に依存したどうこうに関係なくインストールできる。

インストールするときにインストールするマシン自身が自分でビルドする為。

【デメリット】

  • 「依存関係」の考慮が必要で面倒
  • 必要な他プログラムなどあれば別途自分でインストールする等

■RPMでインストール

あらかじめ別のマシンでコンパイルしたものをそのままコピーする。

【メリット】

  • 自分でコンパイルしないだけ簡単

【デメリット】

  • コンパイルしたマシンと環境が異なる場合は使えない
  • コンパイルしたマシンで指定したオプションに限定され、必要なオプションが指定できない
  • パッケージはあらゆる人が公開してるから、探したりダウンロードしたり記録したり、などが面倒

■yumでインストール

パッケージ群を公開しているリポジトリからRPMを探し、ダウンロードして、インストールしてくれるツール

【デメリット】

  • 依存関係や付属プログラムや、そもそもそれらの有無なども、すべて他人が決めたもの
  • たくさんのリポジトリを参照するようにyumに追加設定すると依存関係のトラブルが起きたりする

【ポイント】

リポジトリは信頼できるところにしておいたほうが良い。

  • ~redhat.com
  • 有名どころとか
  • 各ディストリビューションのベンダーなど・・・

コメントはまだありません»

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.TrackBack URL

Leave a comment