@blog.justoneplanet.info

日々勉強

eclipseでJSP・Servletの開発環境を構築する

■ダウンロード

eclipse

Eclipse DownloadsからEclipse IDE for Java EE Developersを選択しダウンロードする。

日本語化については、以前の記事を参考にセットアップする。

サーバー

Apache+MySQLについてはxamppをインストールして使用する。

但し、MySQLにはJavaから接続することになるので、以前の記事を参考にしてMySQL用JDBCドライバをインストールする。

xamppのアドオンのTomcatについて

eclipseとの連携で失敗するので、xamppのアドオン版のTomcatは使用しないこと。

JRE

eclipseの実行に必要になるので、ダウンロードしてインストールする。

JDK

Java SE Development Kit 6u23をダウンロードし、インストールする。

インストールすると環境変数の設定が必要になる。Windows 7の場合、「スタート > コントロールパネル > システム > システムの詳細設定 > 詳細設定 > 環境変数」で、「システム環境変数」の変数Pathに「;C:\Program Files\Java\jdk1.6.0_23\bin」とJDKがインストールされたパスを追記する。

■設定

「ウィンドウ > 設定」をクリックする。

文字コード

「一般 > ワークスペース > テキスト・ファイルのエンコード」で「その他 > UTF-8」を選択する。

さらに、「Web > JSPファイル > エンコード」で「UTF-8」を選択する。

Tomcat

「サーバー > ランタイム環境 > 追加」で、「Tomcat6」を追加し「次に」をクリックした後、「ダウンロードしてインストール」をクリックし、「C:\tomcat6」にインストールする。インストールが終わったら、以下のように入力する。

名前
Apache Tomcat v6.0
Tomcatインストール・ディレクトリ
C:\tomcat6

コメントはまだありません»

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.TrackBack URL

Leave a comment