@blog.justoneplanet.info

日々勉強

ZendFramework Response Object(レスポンスオブジェクト)

■レスポンスに関するメソッド

setHeader()
HTTPヘッダ情報の設定
setBody()
コンテンツ内容の設定
appendBody()
コンテンツ内容の追加
sendHeaders()
HTTPヘッダ情報の追加
outputBody()
コンテンツ内容の出力
sendResponse()
HTTPヘッダ情報とコンテンツ内容の出力
clearHeader()
ヘッダ情報の削除
clearBody()
コンテンツ内容の削除
setRedirect()
リダイレクト情報の設定

■サンプルソース

<?php
require_once 'Zend/Controller/Action.php';

class IndexController extends Zend_Controller_Action
{
    public function indexAction()
    {
        $response = $this->getResponse();
        if($this->_hasParam('hoge')){
            $response->setBody($this->_getParam('hoge'));
            $response->outputBody();
        }
    }
}

コメントはまだありません»

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.TrackBack URL

Leave a comment