@blog.justoneplanet.info

日々勉強

Joomla!をインストールしてみた

永遠のテーマ!?、CMSは何を選ぶべきなのか?という問題を考えるために今回Joomlaをインストールしてみることにした。

■言語選択

はじめに言語を選択する。ここでは普通に日本語を選択することにする。

言語選択画面

■インストール前の準備

サーバの設定がJoomla!のインストールに適しているか確認してくれる。自分の場合は、「configureファイルの書き込み」と「mbstring.language」の設定でエラーが出た。素晴らしいのはphp_value mbstring.language neutralと,htaccessに記述するように教えてくれるところなのだが、サーバによってはphp.iniを変更する必要があることにまで触れてくれればパーフェクトであった。

インストール前の準備

■ライセンス

Joomla! is Free Software released under the GNU/GPL License.要はGNU/GPLライセンスの下で配布されているということ。GPLでライセンスされた著作物は、その派生的著作物に関してもGPLでライセンスされなければならないということだけ覚えておけば問題になることはないだろう。

ライセンス

■データベースの設定

ユーザ名とパスワード、DB名を入力する必要がある。但し、いくつものアプリケーションを1つのデータベースで運用している場合は、拡張設定をクリックしテーブルプリフィクスを設定し、生成される各テーブル名に特異な文字列を付加した方がイイかもしれない。

データベースの設定

■FTPの設定

Joomla自体がFTPアクセスを使用する場合には設定する必要がある。今は必要ないので「いいえ」を選択した。

ftpの設定

■全般の設定

基本的には「サイト名」「E-mailアドレス」「管理者パスワード」の設定でOKだ。

全般の設定

■インストール完了

これで基本的にはインストールが完了である。数々見てきたCMSの中でも、かなり良くできているグループに入るっといえる。

インストール完了

コメントはまだありません»

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.TrackBack URL

Leave a comment