@blog.justoneplanet.info

日々勉強

PHP Iterative Constructs(繰り返し制御)

■while

<?php
$counter = 0;
while($counter < 4){
    //code
    $counter++;
}
?>

よくあるファイル操作だと以下のような形式かな。

<?php
$txt = '';
$fh = fopen('samle.txt', 'r');
while($row = fgets($fh)){
    $txt .= $row;
}
fclose($fh);
?>

do…while

知ってはいるけど使わないってのはコレ。通常のwhile文との違いは、条件が常にfalseの場合でも、必ず1回実行される事にある。

<?php
$counter = 0;
do{
    //code
}while($counter < 4);
?>

■for

for(カウンターの初期化用の式、条件式、カウンターの増減の式)となる。

PHPを勉強したての頃は、JavaScriptの影響もあって多用しました。

<?php
$ary = array('a', 'b', 'c');
for($i = 0; $i < count($ary); $i++){
    //code
    echo PHP_EOL;
}
?>

■foreach

PHPで便利なループコントロールの1つ。JavaScriptのforEachではネイティブで実装されていないブラウザの事を配慮しなくてはならないが、PHPならそんな事はない。

<?php
$ary = array();
foreach($ary as $value){
    //code
}
?>

配列のキーを使用したいときには

<?php
$ary = array();
foreach($ary as $key => $value){
    //code
}
?>

■break

最も内側のループを抜ける。以下の例では、任意の$sの値に対して、$tは0,1,2の時だけ//codeが実行される。$tが3になった時、breakが実行され内側のループから抜ける。

<?php
$a = array();
$b = array();
for($s = 0; $s < count($a); $s++){
    for($t = 0; $t < count($b); $t++){
        if($t === 3){
            break;
        }
        //code
    }
}
?>

■continue

ループの処理をスキップする。以下の例だと$iが3の時に//codeは実行されないが、ループ自体の処理は続く。

$ary = array();
for($i = 0; $i < count($ary); $i++){
    if($i === 3){
        continue;
    }
    //code
}

コメントはまだありません»

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.TrackBack URL

Leave a comment