@blog.justoneplanet.info

日々勉強

PHP Data Types(データ型:スカラー)

■boolean(論理値)

※小文字が一般的!?

  • true
  • false

PHPでfalseとみなされるのは以下の通り

  • 整数値0
  • 浮動小数点値0.0
  • 空の文字列
  • 文字列’0′
  • 要素数0の配列
  • 空のオブジェクト
  • NULL

但し、複雑な型変換を覚えるのはいささか面倒なので、以下のような型変換が起こらないコードを書く癖を付けた方が良い。

if($bool === true){
    //code
}

■int(整数値)

-2^32~2^32-1を範囲とするがプラットフォームによって異なる。正確には、使用したCコンパイラのlong型と等しくなる。

表記法

10進法
一般的な十進数表記
8進法
0を頭につけなければならない
16進法
0xを頭につけなければならない

■float(浮動小数値)

1.7E-308~1.7E+308を範囲とするがプラットフォームによって異なる。精度は15桁。使用したCコンパイラのdouble型と等しくなる。

表記法

通常の記法
0.87,18.257
指数表記
2E7,1.2e2

注意点としては、近似値である事を常に考慮しなくてはならない。以下のコードを実行すると

<?php
print((0.1 + 0.7) * 10);
?>

8が表示されるように思えるかもしれないが、実際には7.999999が表示される。計算の精度を上げる必要がある場合は、BCMathなどの拡張モジュールを使用する。また数値は予想される値が入っている事を期待してはならない。

■Strings(文字列)

正しくはバイナリデータの集合

リテラル

$str = 'Hello World';
print("$str, John!");//Hello World, John!が表示される
print('$str, John!');//$str, John!が表示される

■型変換について

以下のように、型を強制的に変換することができる

<?php
$x = 3.14;
print((int) $x);//3
?>

コメントはまだありません»

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.TrackBack URL

Leave a comment