@blog.justoneplanet.info

日々勉強

mcryptをCentOS5にインストールしよう

phpmyadminインストール後、ログイン画面で『mcrypt 拡張をロードできません』と表示される。

■yumでインストール

php-mcrypt(とlibmcryptの両方)をインストールしたい場合、以下のコマンドを実行することで(依存関係を解決しつつ)インストールできる。

yum install php-mcrypt

ちなみに、libmcryptが入ってない場合、自動的にインストールしてくれる。また、libmcryptだけインストールしたい方は以下のコマンドを実行する。

yum install libmcrypt

以上でインストールが完了する。

yum自体のインストール

(参考:yumのインストール

■rpmでインストール

時にはyumなどのツールが使えないこともある。そんな時はrpmでインストールするのが良いかもしれない。但し、php-mcryptとlibmcryptは依存関係があるため、以下の順序でインストールする。

  1. libmcryptをインストール
  2. php-mcryptをインストール

インストール前にrpmの基礎知識

ファイル名が『libmcrypt-2.5.8-4.el5.centos.i386.rpm』とすると以下のようになる。

libmcrypt
パッケージ名
2.5.8-4.el5
バージョン
centos
ディストリビューション
i386
アーキテクチャ。i386が32bit版。x64_86が64bit版

使用しているOSとrpmパッケージのアーキテクチャが異なっているとインストールが失敗する。従って、自分が使っているシステムのアーキテクチャを事前に確認する必要がある。

システム情報の表示

以下のコマンドで、OSのバージョンや64bitシステム・32bitシステムを確認できる。

$uname -a

1.RPMパッケージの準備(ダウンロード)

ダウンロード先は、http://rpm.pbone.net/とかhttp://freshrpms.net/などを使って探すのが良いと思う。パッケージのバージョンに注意してダウンロードしたら、サーバー上にアップロードする。

2.libmcryptをインストール

アップロードしたディレクトリに移動し、以下のコマンドを実行する。ちなみに以下のlibmcrypt-2.5.8-4.el5.xxxxxx.rpmについては、各々が使ってるアーキテクチャに合ったアーキテクチャやバージョンである。

rpm -ivh libmcrypt-2.5.8-4.el5.xxxxxx.rpm

上述のコマンドの実行時は、管理者権限が必要になると思われる。

3.php-mcryptをインストール

RPMパッケージのバージョンが、使っているphpのバージョンと同じかつ、適切なアーキテクチャでなければならない。

rpm -ivh php-mcrypt-xxx-xxxxxx.rpm
rpm -ivh でインストールする順番を間違えた場合
error: Failed dependencies:
libmcrypt.so.4 is needed by php-mcrypt-5.1.6-1.el5.i386

やり直してチャントlibmcryptからインストールすること!

参考:アーキテクチャの種類
i386 IA-32用バイナリRPMパッケージ
x86_64 AMD64/EMT64T用バイナリRPMパッケージ
ia64 IA-64用バイナリRPMパッケージ
Alpha ComacAlpha用バイナリパッケージ
s390 IBM S/390用バイナリRPMパッケージ
ppc32 PowerPC用バイナリRPMパッケージ
noarch アーキテクチャ非依存
src ソースRPMパッケージ

4 Comments»

Good job.

I just install phpMyAdmin 5.2 and MySQL 5.1 on my CentOS 5.2.

Thank you so much.

Cindy.

You’re very welcome!!
It’s my pleasure.
If you have some problems, ask me again♪

参考にさせて頂きました。
ありがとうございます。

RSS feed for comments on this post.TrackBack URL

Leave a comment